全国配布も対応!! 代理店・印刷会社のためのポスティングサービス

当社は配布スタッフ全員をGPSで管理しています。そして、全ての仕事でGPSを使用しています。そのGPS軌跡を全てチェックして、配布漏れはないか?効率的に配布が行われているか?1日で歩いた合計距離を、配布していた時間で割ったり、1日の配布数を時間当たりに割り平均値をとったり、不正が行われていないかを徹底的にチェックしています。
その他にも、きれいに、きちんとポストに投函されているかを配布チェック員が目視によるチェックも行われています。

配布スタッフは一人ひとり面談を行ってから採用し徹底的に教育を受けた信頼のできるスタッフが配布を行います。また教育の一環として様々な研修も行っています。

研修例

平成26年3月8日 首都圏ポスティング協同組合 主催
配布スタッフ管理担当者(配布リーダー)研修会に参加しました。

新宿ワシントンホテル本館で、ポスティング業者16社、配布スタッフ管理者27名が参加して「配布スタッフ管理担当者の現場へのルールの徹底を行う上での指導力向上」をテーマに研修会が開催されました。弊社からも3名の配布管理者が参加させて頂きました。

講師には(株)トリノバランス代表の伊藤社長と、(株)ファーム・ヒルズの吉田さんの2名の講師で研修が行われました。研修内容は配布管理担当者、リーダーの役割や点呼、整列、朝礼など、ロールブレイング形式で全てのカリキユラムを終了することができました。研修は 9:30~ 19:30 まで長時間にわたって行われ、終了間際には参加者全員が一体となって大変いい雰囲気になっていたと思います。そして、一番よかったことは、参加者の中で一人も離脱することなく全員が修了証書を手にすることができたことです。参加者全員、本当にお疲れ様でした。また講師のお二人には感謝申し上げます。ありがとうございました。


何故ユニフォームを着用することに至ったかといいますと、ポスティング業界でユニフォームを着用している会社はほんの一部の会社で、何処の誰が配布をしているかが分からない?また何をしているのか分からない?そんな不安や印象を地域住民や集合住宅の管理人さんに、与えていました。そんな不安を払拭する目的と、ポスティング業を多くの人に認知して頂く為に、当社1社でユニフォームを着用するより首都圏ポスティング協同組合に加盟している会社、全てで同じユニフォームを着用することで、よリポスティング業を多くの人に認知して頂き、ユニフォームの着用により地域住民や集合住宅の管理人さんと配布スタッフとのコミュニケーションの架け橋になることを目標としています。


弊社の独自調査で平成26年3月31日現在、全国のポスティング業者数は495社あリます。その495社中、当社の取引実績は223社と約半分くらいの業者さんと、今までお付き合いさせて頂いております。ポスティングの実施を検討するにあたって難しい問題として、各ポスティング業者によって独自の配布エリア割や配布方法、配布期間、配布力(キャパ)、等、言語から配布システムまで異なり、いざポスティングを実施しようとしても、どのポスティング業者に依頼したらいいか、分からないのが現状です。

弊社はハンドリング業務(全国手配)だけでなく、自社の配布現場も持ち合わせており、ポスティング会社の事情もよく理解できるので、間に入って調整や交渉等を行い、広告主や広告代理店、印刷会社さんの要望をなるべく踏まえ、ベストな配布プランを提案させて頂きます。そして弊社は品質や反響にもこだわりを持って対応させて頂きますので、ご希望の配布エリアで最も信頼できるポスティング会社に発注させていただきます。また広域エリア、他府県にまたがって、ポスティングを検討されている広告主さんにかわって、一つの窓口から全国に一括手配させて頂きます。